曹洞宗青原寺
インデックス | 青原寺について | 宗 旨 | 境内案内 | 仏前結婚式 | 墓地のご案内 | 行事予定・報告
境内案内 > 庭園
本堂より望む青原寺の庭園。季節が変わるごとに様々な色合いで私達の目を楽しませてくれます。

青原寺の光苔(ヒカリゴケ)


画像をクリックすると、拡大します

青原寺には、新本堂ができる前には、旧本堂床下に光苔(ヒカリゴケ)がありました。
ヒカリゴケは、平成12年秋、新本堂建設のため、床下は基礎コンクリートによってなくなりました。しかし、住職は「必ずどこかに生息させる」と決心し、サラ地となった旧本堂の地に、25tクレーンにて2個の巨大な石を搬入し、育成環境を整えました。
そして平成16年未曾有の台風、大雨にて巨石の下も充分湿地帯となり、11月9日、光り輝く一帯が見えました。
ヒカリゴケは、ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属に属する1科1属の原種的な植物です。
薄暗く湿った環境に育成する天然記念物です。
ヒカリゴケは、自身が発光するのではなく、わずかな光に対してレンズ状の細胞からなる原糸体という部分から、黄緑色の反射光を出すことによって淡く輝きます。
どうぞ、青原寺にお参りいただき、御鑑賞下さい。