曹洞宗青原寺
インデックス | 青原寺について | 宗 旨 | 境内案内 | 仏前結婚式 | 墓地のご案内 | 行事予定・報告

曹洞宗の歴史

曹洞宗の本山

宗 旨 > 曹洞宗の本山

永平寺

大本山永平寺は、高祖道元禅師(こうそどうげんぜんじ)が1244(寛元2年)、傘松峰大仏寺 (さんしょうほうだいぶつじ)をひらかれ、のちに吉祥山(きちじょうざん)永平寺と改められた のに始まります。

これは、お釈迦さまから正しく伝えられた仏道修行の根本道場であるという高い理想と、仏道が 人びとの永遠の平和としあわせのもとであるという、深いお心によるものです。

こうして、約750年の伝統を誇る永平寺は、今もつねに二百余名の修行僧が日夜修行に励んで います。四囲の老杉や谷川のせせらぎにも禅のおく深さが感じられ、訪れる人びとは、おのずと 襟(えり)を正します。

〈福井県吉田郡永平寺町志比〉0776-63-3102

永平寺法堂(はっとう)

総持寺

総持寺大祖堂

大本山總持寺は、石川県にあった諸嶽(もろおか)寺を、1321(元亨元)年、太祖瑩山禅師 (たいそけいざんぜんじ)が諸嶽山總持寺(しょがくさんそうじじ)と改められたのに始まります。 明治時代の焼失を機会に横浜市に移転し、現在に至っています。

交通の便がよく、わが国の海の玄関に位置するところから、国際的な禅の根本道場として偉容を 誇っています。まさに、瑩山禅師の教えそのままに、ひらかれた道場として、地の利をいかし、 社員研修や参禅会等が行われています。

さらに、教育に力を注がれた禅師のお心を受け継ぎ、山内には総持学園が創設され、広く門戸を 開いています。

〈神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1〉045-581-6021